M字ハゲを治すにはまずは髪を太くすることから

日本人に一番多いハゲ。M字ハゲ。

生え際の左右の両端から徐々に髪の毛が後退していくハゲで、日本人のハゲの9割がM字ハゲからと言われています。

一度M字ハゲになるとなかなか治すことができないで、その後退を食い止めるしかないと言われていますが、そんなことはありません。

M字ハゲに対する正しい知識と正しい対処法をすれば、再び髪の毛が生えてくる可能性はあります。それがM字ハゲです。

薄毛やハゲの始まりは抜け毛??

薄毛やハゲの始まりってなんだか知ってますか?

抜け毛が多くなる、と思った方は不正解じゃありませんが、答えが足りません。

薄毛やハゲの始まりは髪の毛が細くなることです。

髪の毛が細いまますぐに抜けてしまうから抜け毛が目立つようになりますが、薄毛やハゲの最初は髪の毛が太く育たないで細いままでいることです。

そのため、実際には髪の毛の本数はそれほど減っていないのに、髪の毛が細くなるから薄くなったように見えてしまいます。

これはM字ハゲだけではなくて、U字ハゲでもO字ハゲでも一緒です。

髪の毛を太くするために努力する

そのため、薄毛やハゲの対策は、まずは髪の毛を太くすることを考えます。

特にM字ハゲの場合は髪の毛の太さが重要です。

というのも、生え際の髪の毛というのは一番細くなりやすい部分だからです。

通常の人でも、後頭部やサイドの髪の毛よりも生え際の方が細くて柔らかい髪質のはずです。

もちろん薄毛やハゲの人のように産毛のような髪質ではありませんが、生えている部分によって髪の太さ硬さは違います。

細くなりやすい生え際だからこそ、髪の毛を太くする施策をする。

これがM字ハゲには重要なことです。

髪の毛を太くするための具体的な方法

では、髪の毛を太くするために具体的にやることとはどういったことでしょうか?

生活習慣を変える?
食生活を変える?
喫煙をやめる?

どれも大事なことです。

生活習慣の乱れ、偏った食事、喫煙は、どれも頭皮にダメージを与えます。

髪の毛を植物に例えるなら、頭皮は髪の毛が育つ土壌。

土壌が栄養豊富な状態じゃないと髪の毛は育ちません。荒れ果てた栄養のない土壌では髪の毛が育たず枯れてしまいます。

薄毛やハゲになって髪の毛が細くなるということは、こういった状態になっているということです。

上記のような生活習慣を変えることで頭皮は良くなりますが、あくまでも予防対策。
弱った頭皮を通常の状態まで回復させるためには、頭皮に栄養を与える必要があります。

それが育毛剤の役割です。

育毛剤の主な役割は髪の毛を生やすことではありません。頭皮の状態を改善して、髪の毛が太くハリのある髪の毛に育つようにすることが目的です。

育毛剤の開発は年々進んでいて、今現在販売されている最新の育毛剤はどれも効果の高いものばかりです。

絶対にハゲが治る!薄毛が治る!というものはありませんが、頭皮の状態を改善して髪の毛を太くする効果は確実にあります。

育毛剤にもいろいろな種類があって、抜け毛を止める育毛剤や髪の毛を太くするための育毛剤もあります。

[参考]太い髪が増えた!薄毛に効くお勧め育毛剤!(外部リンク)

上記のような育毛剤を特集しているサイトを参考にして、自分に合った育毛剤を見つけてみてください。

薄毛やハゲは早めに対策すれば治ります。

M字ハゲでも髪の毛を太くすることはできます。

太くて濃い髪の毛を取り戻して、M字ハゲを治しましょう!